アイデアお蔵出し:20220203

20220203
忘れていたことを思い出す=思い出してはいけないこと自分が死んでいたーシックスセンス、恐怖新聞、ジェイコブズラダー自分は地球を滅ぼす引き金だったーマーズ、トータルリコール自分はロボットだったー電気蟻、ブレードランナー

知りたくないことを知ってしまう
相手が幽霊だったー牡丹灯篭インターネットで知り合った恋人ー実は死んでいたー実は自分も死んでいた自分が生きていると問題がある→死なないといけない

親切にしてくれた相手を殺さねばならなかった
→殺さない→その選択をすることによって、困難を背負い込む(組織と戦う)超能力ものにする?ある男、殺した後、逃げる途中で大怪我をするー死ぬのかと思ったら助けられるー助けてくれた女の子が目的の殺すべき相手ー 

その人間だけに見えるもの
穴:すべてを隠すことができる→最後にばれる?どことつながっている?秘密を見ることができる王さまの耳はロバの耳

折りたたみ
現実は幾重にも折りたたまれている絨毯のヘリをぺろっとはがすと違う世界が現れる

殺したはずの人間が生きている
子どもの頃の記憶を失っている。殺人事件が有ったらしい。双子の妹。殺されたのは自分。前日に殺したはずが、翌日何事もなかったかのように生きている。会社の同僚。別れたかった恋人。 

殺し屋
殺したいという潜在意識を具現化する女。苦い結末

偽善
外国籍の子を引き取って育てる夫婦。ある意味差別主義でもおかしくないようなポジション。心を閉ざした子供。仲間の揶揄。子供を守るためにいった言葉。偽善に決まっているじゃないですか。人間なんて生まれついたとき善も悪も無いでしょ。善を成したらそれは善行をなそうと意識したからに決まってるじゃない。それは意識的に作り出されるもの。偽善じゃない純粋な善がこの世に存在するなんて幻想抱くほど馬鹿じゃない。私がこの子をかわいくてしょうがないと思うのはひねくれてるからよ。不器用でねじくれてたら、誰にも愛されない。だからこそ、私だけが愛してやれるって思い上がれるんじゃない。偽善者で結構。そう思ってますから。自分が善人だとか勘違いするほど馬鹿じゃないから。全知全能の神が純粋に善良だったら、悪なんて生まれるわけ無いじゃない。答えははっきりしてる。純粋善なんて妄想よ。 

倫理とは何か
時代によって変化する倫理観。著作権。性的な感覚。ペット。変化するものを固定化された正義で断罪する。キリスト教的善。偽善。脳をリフレッシュできず、更新されない価値観で判断してしまう人。盗作騒動。殺人の禁止理由=人が決めたから。戦争による殺人や死刑が肯定される理由。自分が偽善者だと気づかずに他人の偽善を断罪する人。動物愛護問題。

陰謀史観
アメリカとユダヤ人がすべての黒幕という幻想を抱く男。周囲からは狂人として扱われている。最後に謎の死を遂げる。主人公は彼の遺品を整理しつつ、意思を引き継ぐことを決意する。キリスト教の矛盾。できレース。自作自演。死んだ男の妄想が正しいように思えてくるが、さらにもう一捻りのどんでん返し。

よろしかったらフォロー願います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。