アイデアお蔵出し:20220120

20220120


その村から出ることができない。秘密。信仰。人類の進化。悪魔。鬼。出ると死ぬ。出ると発動する何か。政府は知っている。嗅ぎ回る記者。

ベムハンター
気持ち悪い生物。それが人間の本体。猿に取り付いて進化した。殺していた化け物は人間。人の寿命を決めていたのは自分。

反差別
在日は出て行けと叫ぶ知人たち。在日は犯罪者という。日常の出来事。実は在日が多く身近にいる。在日に助けられ正義を教わる。頑固な老人は認めない。立派な人、実は過去差別主義者だった。民族とは何か。歴史とは何んか。国際的感覚と身内根性。郷土愛と国粋主義。スポーツ、文化。言語。血筋。正義、善。憲法。過去のヒーローもの。ヒーロー物を書いていた漫画家が差別主義者。

多重世界
40代の男。小学生時代の同級生と出会う。覚えていない。そこからさまざまな時代の自分に意識だけが乗り移る。自分の意思がきく場合と、効かない場合がある。ここでこれをしたと覚えている場合と覚えていない場合がある。痛い目に会うことを避けられる時とできないときがある。後悔していること。ないと思っていたが記憶から消していた。ラスト老人の自分。死ぬ瞬間。また少年時代に戻る。同級生と思っていたのは実は、、、、。

失踪した人の町
世間から失踪した人で構成された町。本人たちは知らない。秘密を知ると消える。目的は?人類の救済。敵と思っていたほうが実は人類だった。

脳の構造
MRIで調べたら、自分が凶悪犯罪者と全く同じ脳の構造をしていることが判明。記憶障害。メメント的。やったのかやってないのか。どんでん返し。ブレードランナーのフォークト=カンプ装置。それを自覚することがスイッチ。この絵合わせのゲームからは、参加者が「罰」にどのように反応するかを知る事ができる。「サイコパスの暴力犯罪者には、脳の灰白質および特定の白質の両方の線維束に構造的な異常」が見つかった

デスブログ
本人は日記のつもりだが、世界中の諜報機関が注目する予言ブログになっている。なんらかの電波を受信?世界の崩壊を招きかねない。書くのを妨害する一派。自己に都合の良いことを書かせようとする一派。乗っかるネトウヨ系ブログやまとめサイト。

人類の真の敵
コーカサス地方。古代。宇宙人により種をまかれる。人類が何年で滅びるかのゲーム。近世、白系ユダヤ人(実はユダヤ人ではない)により、金融業、武器産業のギルドができる。世界大戦、石油産業も加わる。現代のヒーロー物。自己責任論。赤が黄を助けに行くと決めるが、ほかは黄が勝手にやったこと(マフィアに利用された)の責任で迷惑だからほっておけという。「自衛隊出せ」「それじゃ敵の思う壺」戦争の仕組み。宗教対立を使い争いごとを起こさせ、借金をさせて武器を売りつける。武器を動かすために石油が必要。パイプラインを抑える。裏で糸を引くものは民族や国などくだらないと嘯く。ネトウヨが利用されて見殺しにされる。軍の上層部は保身に長けた無能。責任など取るつもりがない。

鬱展開
全てを投げ打って戦ってきた主人公。実は自分の側が悪に利用されていたことを知る。このまま戦い続けると、自分の良心の種(アラヤシキ)が破壊され悪としての思考しか出来なくなる。仲間を善の側に戻し、一人で真の敵(自分のボス)との戦いに赴く。負けそうになった時に仲間が来る。仲間がアラヤシキを主人公に渡し悪の側になる。仲間を殺し、敵を倒す。
設定
フルパワーは出せない(エネルギーを使い切らない)ようになっている=出すと悪の側になる。それまでに多くの悪(元々が善戦士で騙されて悪になったもの)の殺戮を必要とする。人類の進化。進化の途中の過程が醜い進化獣。この世界の生物をすべて融合し、光の世界に戻す。進化獣と獣使いが敵と思わされていた。宗教観=獣使いは救われないと信じ込まされていた。

預言者
未来の世界。ものすごい的中率の予言書。過去にさかのぼり著者を探す。予言書のつもりはない。すごくくだらないものをボカして書いていただけ。あるいは頭がおかしい人物。火星のタイムスリップやローズウォーターに近いアイデア。未来において宗教化して教祖と崇められている。本人のキャラをどうするか。悪人、凡人、狂人。複数の予言書があり、対立していることにするか?遺跡の発掘に近い行為?どんどん遡る?同じ人物が分裂して一つの時間軸に偏在している。同時にいて相互的には対立している?一人の妄想世界?世界の滅亡。

よろしかったらフォロー願います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。